スマートフォン版へ

ワンアンドオンリーは天皇賞・秋から秋3戦の見通し

  • 2015年07月10日(金) 12時00分
 宝塚記念11着のワンアンドオンリー(牡4歳、栗東・橋口弘)は、天皇賞・秋(11月1日・東京、芝2000m)で始動し、ジャパンC(11月29日・東京、芝2400m)、有馬記念(12月27日・中山、芝2500m)と下半期は3戦となる見通し。橋口弘師は「秋4戦はしんどいからね」と説明。

 12着トーセンスターダム(牡4歳、栗東・池江)は夏を全休する方針。現在は北海道のノーザンファーム早来で放牧中。「(前走は)豪州遠征の目に見えない疲れの蓄積もあったんでしょう。秋は王道路線になってくると思う。香港国際競走もあるし、馬の様子を見ながら決めたい」と池江師。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す