スマートフォン版へ

ドゥラメンテ二冠達成、今後について堀師「オーナーと相談してから」/日本ダービー

  • 2015年06月01日(月) 18時00分
 競馬の祭典「第82回日本ダービー・GI」(芝2400m)は31日、東京10Rに18頭で争われ、M.デムーロ騎乗の1番人気ドゥラメンテ(美浦・堀)が皐月賞に続く2冠を達成。ダービーレコードとなる2分23秒2の好タイムで3歳馬の頂点に輝いた。戦前に心配された折り合いの不安も杞憂に終わり、道中は中団の外めをスムーズに追走。余裕の手応えのまま直線に向くと、皐月賞同様のすさまじい末脚を発揮して楽々と突き抜けた。1馬身3/4差の2着は5番人気のサトノラーゼン。3番人気のサトノクラウンは追い込み及ばず2着から鼻差の3着。2番人気リアルスティールは直線の伸びがひと息で4着に終わった。

 ひとつの歴史が塗り替えられた。父で04年覇者のキングカメハメハ、日本競馬史上最強馬05年ディープインパクトを0秒1上回る圧巻のダービーレコード。競馬界にニューヒーローが誕生した。

 M.デムーロは、普段以上に高いトーンで興奮を伝える。「いいポジションで進められた。直線はすごい手応え。ネオユニヴァースより切れる」。自身が騎乗し、03年に春2冠Vを成し遂げた名馬以上の走りに目を丸くする。

 堀師はダービートレーナーになった感想を聞かれ「今まで通りですね」と淡々と答えた。一方、「レースは平常心で見ていたけど、はっきりとは思い出せない。舞い上がっていたのかも」と照れ笑い。クールな指揮官も思わず熱くなる、圧巻のパフォーマンスだった。

 陣営は皐月賞V後に、凱旋門賞(10月4日・ロンシャン、芝2400m)の一次登録を済ませた。世界最高峰の舞台へ挑戦が可能な状況にある。堀師は「オーナーと相談してからになるが、個人的にはもっとしっかり完成してから行きたい」とこの秋の参戦には消極的ながら、3歳での参戦は歴史が示す通り斤量面で古馬より大きなアドバンテージ(3.5キロ)がある。「出走すれば、もちろんチャンス」。世界を知るM.デムーロは通用との見立てを示した。

 秋はオルフェーヴル以来、史上8頭目の3冠を目指して菊花賞(10月25日・京都、芝3000m)に向かうのか、はたまた日本の悲願を目指して渡仏するのか。いずれにせよ、前途は洋々。数々の名馬が頂点に立った府中で、再び大きな夢が生まれた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す