スマートフォン版へ

11番人気ノットフォーマルが逃げ切り、人馬ともに重賞初制覇/フェアリーS

  • 2015年01月12日(月) 15時41分
 12日、中山競馬場でフェアリーS(3歳・牝・GIII・芝1600m)が行われ、先手を取った黛弘人騎手騎乗の11番人気ノットフォーマル(牝3、美浦・中野栄治厩舎)が、そのまま先頭を譲らずゴールまで駆け抜け、スタートで遅れるも道中外からポジションを上げ直線でも伸びた8番人気ローデッド(牝3、栗東・荒川義之厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒2(良)。

 さらに3/4馬身差の3着は、3番人気テンダリーヴォイス(牝3、美浦・萩原清厩舎)と2番人気コートシャルマン(牝3、栗東・松永幹夫厩舎)の際どい争いとなったが、テンダリーヴォイスに軍配が上がった。コートシャルマンはハナ差の4着。なお、1番人気カービングパス(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)は8着に終わった。

 勝ったノットフォーマルは、父ヴァーミリアン母リミッターブレイクその父マンハッタンカフェという血統。昨年7月のデビューから8戦目での重賞初制覇で、父ヴァーミリアンにとっても産駒初の重賞V。また、鞍上の黛弘人騎手もこれが初めての重賞勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
ノットフォーマル(牝3)
騎手:黛弘人
厩舎:美浦・中野栄治
父:ヴァーミリアン
母:リミッターブレイク
母父:マンハッタンカフェ
馬主:芳賀克也
生産者:千代田牧場
通算成績:8戦2勝(重賞1勝)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す