スマートフォン版へ

初重賞制覇か連覇か/京都金杯の見どころ

  • 2014年12月29日(月) 17時35分
 ここはフルーキーシェルビーの初重賞制覇に期待が掛かる。それを阻んでエキストラエンドが連覇を達成するか。それとも、グランデッツァウインフルブルームホウライアキコなどGIで好走してきた馬達が飛躍のステップとするのか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■1/4(日) 京都金杯(4歳上・GIII・京都芝1600m)

※年齢表記は出走時を想定しています。

 エキストラエンド(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)は前回のこのレースの覇者で、この時期が得意。安田記念以降は成績が振るわなかったが、前走のマイルチャンピオンSでは見どころがあった。徐々に良くなっていて、ここはそろそろ走り頃。

 シェルビー(牡6、栗東・笹田和秀厩舎)は前走の勝利で重賞メンバー相手にも目処を立てた。元々このクラスでもやれる素材で、京都コースも相性が良い。初重賞制覇に期待が掛かる。

 フルーキー(牡5、栗東・角居勝彦厩舎)は前走のチャレンジCが惜しい競馬。マイルの適性は高い馬で、ハンデ次第ではここが初重賞制覇の場面となりそう。

 グランデッツァ(牡6、栗東・平田修厩舎)は京都コースへの適性が高く、前走のマイルCSでは3着に入った。馬格があってパワーがある馬なので、ある程度力が必要な馬場なら上位争い。

 その他、開幕週で先行力が魅力のウインフルブルーム(牡4、栗東・宮本博厩舎)、マイルならこのメンバーでもやれそうなケイアイエレガント(牝6、美浦・尾形充弘厩舎)、久々を叩いて見直したいホウライアキコ(牝4、栗東・南井克巳厩舎)辺りも好走圏内。発走は15時45分。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す