スマートフォン版へ

カレンミロティックは5着 勝ったのはフランスのフリントシャー/香港ヴァーズ

  • 2014年12月14日(日) 18時00分
 現地時間14日、香港・シャティン競馬場で行われた香港ヴァーズ(3歳上・GI・芝2400m・11頭・1着賞金940万5000香港$)に、日本のカレンミロティック(セ6、栗東・平田修厩舎池添謙一騎手)が出走。

 カレンミロティックは4番手でレースを進め、3〜4コーナーで2番手に上がって直線に入ったものの、そこから伸びきることができず、結果5着に終わった。

 勝ったのは外からの差し切りを決めた、M.ギュイヨン騎手騎乗のフリントシャー(牡4、仏・A.ファーブル厩舎)。2着はウィリーカザルス(セ6、香港・A.クルーズ厩舎)、3着はカーヤ(セ5、香港・J.サイズ厩舎)だった。勝ちタイムは2分29秒83。

【池添騎手のコメント】
休み明けのぶん、もう一段ギアが入らなかった。もうひと叩きできていれば・・・。自分の競馬はできたけど、相手が強かった。

【平田調教師のコメント】
 スローに流れて急にペースが上がることが多いレースなので、ジョッキーとは、カレンミロティックの競馬をしようと話をしていました。折り合いはついて、4コーナーで仕掛けたときにもう少し離せるかと思ったんですけど、そこまでの力はなかった。初めての海外遠征でもがんばったし、十分やれることはわかった。

【日本馬プロフィール】
カレンミロティック(セ6)
騎手:池添謙一
厩舎:栗東・平田修
父:ハーツクライ
母:スターミー
母父:A.P. Indy
馬主:鈴木隆司
生産者:ノーザンファーム
通算成績:27戦6勝(重賞1勝)
主な勝ち鞍:2013年金鯱賞(GII)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す