スマートフォン版へ

ショウナンパンドラが樫の女王を退け最後の1冠を奪取!/秋華賞

  • 2014年10月19日(日) 18時22分
 19日、京都競馬場で秋華賞(3歳・牝・GI・芝2000m)が行われ、先団グループから離れた中団でレースを進めた浜中俊騎手騎乗の3番人気ショウナンパンドラ(牝3、栗東・高野友和厩舎)が、直線に入って内の馬群の間から抜け出し、中団追走から外を回った1番人気ヌーヴォレコルト(牝3、美浦・斎藤誠厩舎)の追撃をクビ差振り切って優勝した。勝ちタイムは1分57秒0(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に4番人気タガノエトワール(牝3、栗東・松田博資厩舎)が入った。なお、2番人気レッドリヴェール(牝3、栗東・須貝尚介厩舎)は6着に終わった。

 勝ったショウナンパンドラは、父ディープインパクト母キューティゴールドその父フレンチデピュティという血統。前走に紫苑Sを使った馬が秋華賞を制したのは初めて。また、本馬及び本馬を管理する高野友和調教師は、この勝利が初めての重賞制覇にしてGI制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
ショウナンパンドラ(牝3)
騎手:浜中俊
厩舎:栗東・高野友和
父:ディープインパクト
母:キューティゴールド
母父:フレンチデピュティ
馬主:国本哲秀
生産者:社台コーポレーション白老ファーム
通算成績:9戦3勝(重賞1勝)

【勝利ジョッキー・浜中俊騎手のコメント】
 ずっと内を回ってこようとレース前に考えていましたが、良いスタートが切れて、その理想どおりにいきました。直線でも内々をロスなく捌ければ勝てるんじゃないかと思っていましたので、迷わず内を突いていきました。最後は外からヌーヴォレコルトが迫ってきていたのでドキドキしましたが、勝てて良かったです。これからもっともっと活躍してくれる馬だと思います。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す