スマートフォン版へ

1996年の日本ダービーを制した「和製ラムタラ」フサイチコンコルドが死亡

  • 2014年09月10日(水) 19時00分
 1996年の日本ダービーを制したフサイチコンコルドが8日、放牧中の転倒による骨折が原因で死亡した。21歳だった。

 同馬は父Caerleon母バレークイーンその父Sadler's Wellsという血統。半弟に2009年の皐月賞を制したアンライバルドがいる。体質が非常に弱く、順調にレースを使えないという弱点はあったものの、1996年1月のデビューからわずか3戦目で同年の日本ダービーを制し、前年にデビュー2戦目で英ダービーを勝ったラムタラになぞらえ「和製ラムタラ」と呼ばれた。

 その後も体質の弱さは変わらず、96年の菊花賞(3着)を最後にレースには出走しないまま翌97年に引退。社台スタリオンステーション及びブリーダーズ・スタリオン・ステーションで種牡馬生活を送り、ダートGIを7勝したブルーコンコルドや、重賞7勝を挙げたバランスオブゲームなどを輩出した。2011年からはシンジケートの解散にともない青森県の太田ファームに移動していた。

【プロフィール】
フサイチコンコルド
厩舎:栗東・小林稔
父:Caerleon
母:バレークイーン
母父:Sadler's Wells
馬主:関口房朗
生産者:社台ファーム
通算成績:5戦3勝(重賞1勝)
主な勝ち鞍:1996年日本ダービー(GI)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す