スマートフォン版へ

短距離戦線を盛り上げたコパノフウジンが死亡

  • 2014年02月06日(木) 19時35分
 芝、ダートを問わずに重賞2着4回と活躍したコパノフウジン(12歳)が5日朝、新ひだか町豊畑のへいはた牧場で急性心不全のために死亡した。12歳だった。通算成績は42戦4勝。

 2歳7月に阪神競馬場でデビューし、ダートで2勝をあげたあと、10番人気で出走した芝のクリスタルCでディープサマーの2着と健闘して万馬券を演出。その後も福島民友Cに優勝したほか、オーシャンS京阪杯シルクロードSで2着するなど長く、短距離戦線を盛り上げた。

 2009年のコーラルSを最後に現役を引退。その後は新ひだか町で種牡馬生活を送っていた。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す