スマートフォン版へ

エリンコートVに後藤「感無量」、陣営は2冠へ虎視眈々

  • 2011年05月23日(月) 12時07分
「第72回オークス・GI」(芝2400m)は22日、東京11Rに18頭で争われ、7番人気のエリンコートが、逃げた8番人気ピュアブリーゼをゴール前で首差で差し切り、樫の女王に輝いた。勝ちタイムは2分25秒7。さらに鼻差の3着は出遅れながらも、直線で鋭く追い込んだホエールキャプチャ(2番人気)。1番人気の桜花賞マルセリーナは直線勝負に賭けたが4着に敗れた。

 戦前の評価を見事に打ち砕いた。ゴール板を真っ先に貫いたのはエリンコート。雨粒をスパンコールに、栄えある樫の女王に輝いた。44回目の挑戦でクラシック初Vの後藤は「信じられない。頭の中が真っ白というか。感無量です」と喜びをかみしめた。

 7番手で迎えた直線では逃げ馬と接触するシーンもあったが、左ステッキに応え、最後まで力強いフットワークをキープした。「スタンドのライトを気にして、内に逃げる感じだったので、それを修正するだけでした。ラストも余力はあったし、頑張ってくれましたね」と力走をたたえた。

 桜花賞は除外となったが、同日に行われた忘れな草賞を勝ち、余勢を駆ってリベンジに挑んだ。開業3年目でGI初Vを果たした笹田師は「馬は雨を嫌がっていたのでどうかと思っていたんですが、勝ててホッとした気持ち。最後に抜け出したとき、“浩輝、頑張れ!”と声が出ました」と穏やかな笑みを浮かべた。

 視線は早くも秋に向けられる。「激戦が続いたので、この後は一服させたい。秋華賞(10月16日・京都)を目指していくことになりますね」と指揮官は高らかに宣言。雨中でひときわ輝いたヒロインは、虎視たんたんと2冠奪取を見据える。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す