スマートフォン版へ

新馬戦、ダブルブラザーが大差勝ち

  • 2003年11月16日(日) 13時30分
 16日、東京・京都・福島競馬場で新馬戦5鞍が行われた。

 東京4R(ダート1600m)は、藤田伸二騎手騎乗の2番人気ダブルブラザー(牡2、美浦・岩戸孝樹厩舎)が、道中先行集団を進み、直線抜け出すと後続に大差をつける圧勝。勝ちタイム1分40秒2。父はハリウッドゴールドC(米G1)などG1・3勝の実績があるMarquetryで、母はCrafty Tenderoniという血統。全兄に現4勝のエイシンクリバーンがいる。

 東京6R(芝1800m)は、小野次郎騎手騎乗の4番人気ペネトレーター(牡2、美浦・伊藤伸一厩舎)が逃げ切り。勝ちタイム1分50秒7。父はオペラハウスで、母は4勝したアルページ。なお断然の1番人気に推された良血フォスターズソングは直線追い込むもハナ差届かず2着に敗れた。

 京都4R(ダート1400m)は、武豊騎手騎乗の4番人気ビッグクラウン(牡2、栗東・南井克巳厩舎)が、道中2番手から直線抜け出し、後続に3馬身差をつけて快勝。勝ちタイム1分27秒8。父エルコンドルパサー母ウインピットという血統。エルコンドルパサー産駒の勝ち馬は5頭目。

 京都5R(芝1800m)は、安藤勝己騎手騎乗の1番人気キングカメハメハ(牡2、栗東・松田国英厩舎)が中団待機から、直線追い込んで優勝。勝ちタイム1分50秒5。父Kingmambo母マンファスで、兄にサンタアニタダービー(米G1)を勝ったThe Deputyがいる血統。

 福島2R(芝1200m)は、池添謙一騎手騎乗の4番人気キクカネイチャ(牡2、美浦・石毛善彦厩舎)が、ゴール前で差し切って優勝。勝ちタイム1分10秒5。父リンドシェーバー母キクカグローバルという血統。1番人気のバードントロフィーは5着だった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す