スマートフォン版へ

エイシンフラッシュが世代頂点の座を射止める/日本ダービー

  • 2010年05月30日(日) 15時40分
 30日、東京競馬場で行われた第77回日本ダービー(3歳牡牝、GI・芝2400m)は、内田博幸騎手騎乗の7番人気エイシンフラッシュが、中団追走から直線馬群を割って抜け出すと、先に抜け出した5番人気ローズキングダムを捕らえ、同馬にクビ差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分26秒9(良)。さらに1.3/4馬身差の3着には1番人気ヴィクトワールピサが入った。2番人気ペルーサはスタートで後手を踏み6着に敗れている。

 鞍上の内田博幸騎手、管理する藤原英昭調教師ともに日本ダービー初勝利。重賞は内田博幸騎手オウケンブルースリで制した09年京都大賞典(GII)以来となる今年初勝利、通算16勝目。藤原英昭調教師はネオヴァンドームで制したきさらぎ賞(GIII)以来となる今年3勝目、通算では24勝目となった。

【勝ち馬プロフィール】
エイシンフラッシュ(牡3)
父:King's Best
母:ムーンレディ(独セントレジャー-独G2)
母父:プラティニ
厩舎:栗東・藤原英昭
通算:7戦4勝(重賞2勝)
主な成績:10年京成杯(GIII)1着、10年皐月賞(GI)3着

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す