スマートフォン版へ

サイレントディールが引退、種牡馬入り

  • 2008年12月14日(日) 18時00分
 JRAは14日、03年シンザン記念など重賞3勝のサイレントディール(牡8、栗東・池江泰郎厩舎)が、16日付でJRAの競走馬登録を抹消すると発表した。今後は、北海道日高町のブリーダーズスタリオンステーションにて種牡馬となる予定。

 サイレントディールは、父サンデーサイレンス母フェアリードール(その父Nureyev)。全姉にトゥザヴィクトリー(エリザベス女王杯-GI、ドバイワールドC-首G1・2着)、ビーポジティブ(クイーン賞-交流GIII)がいる。00年セレクトセール当歳にて1億1000万円(税抜)で落札されていた。

 3歳時の03年シンザン記念(GIII・芝1600m)で重賞初制覇を果たすと、日本ダービー(GI)ではネオユニヴァースの4着などクラシック戦線でも善戦。その後は03年武蔵野S(GIII・ダート1600m)、05年オーストラリアT(OP・芝1800m)、06年ブリリアントS(OP・ダート2100m)などを勝って芝ダート問わず活躍し、昨年2月の佐賀記念(交流GIII・ダート2000m)では約3年3か月ぶりの重賞勝ちを収めていた。13日のベテルギウスS(OP)13着が最後のレースになった。通算成績50戦7勝(うち地方8戦1勝、海外1戦0勝、重賞3勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す