スマートフォン版へ

アルゼンチン共和国杯、スクリーンヒーローが重賞初V

  • 2008年11月09日(日) 15時35分
 9日、東京競馬場で行われた第46回アルゼンチン共和国杯(3歳上、GII・芝2500m)は、蛯名正義騎手騎乗の3番人気スクリーンヒーロー(牡4、美浦・鹿戸雄一厩舎)が、離れた好位から直線に向いて伸び、2番人気ジャガーメイルの追撃を1.1/2馬身差抑えて優勝した。勝ちタイムは2分30秒8(良)。1番人気アルナスラインは中団から追い上げたがさらにクビ差の3着に敗れている。

 勝ったスクリーンヒーローは、父グラスワンダー母ランニングヒロイン(その父サンデーサイレンス)、祖母はダイナアクトレス(毎日王冠-GIIなど重賞5勝)。伯父にステージチャンプ(日経賞-GII、ステイヤーズS-GIII)、伯母にプライムステージ(札幌3歳S-GIII、フェアリーS-GIII)がいる血統。

 06年11月に美浦・矢野進厩舎からデビューし、3戦目で初勝利。その後はラジオNIKKEI賞(GIII)2着、セントライト記念(GII)3着など重賞でも好走し、骨折による11か月の休養を挟んだ今年8月の支笏湖特別(1000万下)で3勝目。前走のオクトーバーS(1600万下)はジャガーメイルとの競り合いの末、ハナ差の2着に敗れていた。通算成績16戦4勝(重賞1勝)。

 鞍上の蛯名正義騎手マツリダゴッホで制したオールカマー(GII)に続く今年のJRA重賞4勝目で、通算81勝目。管理する鹿戸雄一調教師は今年3月の開業以来初のJRA重賞制覇となった。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す