スマートフォン版へ

宝塚記念アラカルト

  • 2008年06月29日(日) 15時41分
内田博幸騎手
 JRA・GIは昨年のNHKマイルC(ピンクカメオ)以来となる通算2勝目。今年3月にJRAへ移籍してからは初制覇。いずれもフレンチデピュティ産駒によるもの。JRA重賞はフローラS(GII、レッドアゲート)に続く今年2勝目、通算7勝目。関西圏での重賞勝ちは初。

●野元昭調教師
 JRA・GIは91年エリザベス女王杯(リンデンリリー)以来17年ぶりとなる通算2勝目。JRA重賞はエイシンデピュティで制した金鯱賞(GII)に続く今年3勝目、通算11勝目。

フレンチデピュティ産駒
 クロフネ(01年NHKマイルC、01年ジャパンCダート)、ピンクカメオ(07年NHKマイルC)、レジネッタ(08年桜花賞)、アドマイヤジュピタ(08年天皇賞・春)に続く5頭目のJRA・GI馬となり、今年は早くも3勝目となった。

●馬主・平井豊光氏
 90年オークス(エイシンサニー)、99年朝日杯3歳S(エイシンプレストン)、02年朝日杯フューチュリティS(エイシンチャンプ)に続き、JRA・GIは通算4勝目。他にエイシンプレストンで01年香港マイル、02年、03年クイーンエリザベス2世Cと香港のG1を3勝している。

●生産者・栄進牧場
 90年オークス(エイシンサニー)以来、18年ぶりのJRA・GI制覇。今年はエイシンデピュティの他に、エイシンニーザンが阪神スプリングジャンプ(JGII)を制している。

●関西馬の勝利
 00年テイエムオペラオー以来9連勝。最後に優勝した関東馬は99年グラスワンダー

●6歳馬の勝利
 93年メジロマックイーン以来15年ぶり。今年を含めた過去10年の内訳は4歳馬7勝、5歳馬1勝、6歳馬1勝、7歳馬1勝。

●GI初制覇
 エイシンデピュティはこれがGI初制覇。このレースでGI初制覇を達成したのは02年ダンツフレーム以来6年ぶり。

メイショウサムソン
 昨年に続きこのレース2着。天皇賞・春からGI連続2着で、いずれもフレンチデピュティ産駒に敗れた。

エイシンデピュティ・馬名の由来
 冠名+父名の一部

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す