スマートフォン版へ

香港インターナショナルレース結果

  • 2001年12月18日(火) 17時57分
 香港国際競走が16日、香港シャティン競馬場で開催され、日本馬がG1・3レース(香港ヴァース、香港マイル、香港カップ)を完全制覇した。香港ヴァースに出走したステイゴールド(7歳、父サンデーサイレンス)は、引退レースでG1初制覇を遂げ、日本産馬で日本調教馬としては初めての海外G1制覇という快挙も達成した。

 続いて行われた香港マイルでは、補欠から繰り上がり参戦となったグリーンダンサー産駒のエイシンプレストンが、直線で大外から素晴らしい末脚を見せ、1999年のG1朝日杯3歳S以来2年ぶりのG1制覇を遂げた。尚、本命視されていたG1マイルチャンピオンシップ勝馬のゼンノエルシドは、14着に敗れた。

 そして、ワールドエミレーツシリーズ最終戦となった香港カップを制したのは、天皇賞・秋で昨年の年度代表馬テイエムオペラオーを破ったアグネスデジタル。一番人気に推されていたゴドルフィン所有の英ダービー3着馬トゥブーグと、10月に行われた仏G1オペラ賞勝馬ティレアティレとの叩きあいを制して、海外初G1制覇を遂げた。

 また、国際G2香港スプリントに出走した2頭の日本馬、ダイタクヤマトは12着、そして一番人気に推されたメジロダーリングは13着と惨敗した。

<香港ヴァース(3歳以上、芝2400m、良)>
着順 馬名 性齢 調教国 騎手 着差
1 ステイゴールド 牡7 日本 武豊 2.27.8
2 エクラー 牡4 UAE L.デットーリ 頭
3 インディジェナス せん8 香港 D.ホワイト 6.3/4

<香港マイル(3歳以上、芝1600m、良)>
着順 馬名 性齢 調教国 騎手 着差
1 エイシンプレストン 牡4 日本 福永祐一 1.34.8
2 エレクトロニックユニコーン 牡5 香港 R.フラッド 3.1/4
3 チャイナヴィジット 牡4 UAE L.デットーリ 3/4

<香港カップ(3歳以上、芝2000m、良)>
着順 馬名 性齢 調教国 騎手 着差
1 アグネスデジタル 牡4 日本 四位洋文 2.02.8
2 トゥブーグ 牡3 イギリス L.デットーリ 頭
3 ティレアティレ 牝4 フランス C.スミヨン 首

香港スプリント(3歳以上、芝1000m、良)>
着順 馬名 性齢 調教国 騎手 着差
1 ファルヴェロン 牡5 オーストラリア D.オリヴァー 57.0
2 モーラック 牡5 アメリカ R.アルバラード 短頭
3 オールスリルズトゥー せん4 香港 S.ダイ 頭

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す