スマートフォン版へ

初期10年以上前にNHKマイルに強かった種牡馬の孫が走る時代

  • 2018年05月04日(金) 19時00分


◆1200m適性が高いノーザンダンサー系にも注目

 NHKマイルCは、15年近く前からフレンチデピュティの血を持つ馬に相性の良いレース。2013年は母父フレンチデピュティのマイネルホウオウが10人気で1着。6人気2着のインパルスヒーローは父クロフネ。その父はフレンチデピュティ。

 一昨年も母父フレンチデピュティのレインボーラインが12人気3着。昨年もクロフネ産駒のアエロリットが優勝。

 なお、父か母父がフレンチデピュティ系の馬は過去10年で24頭出走。3勝。3着以内7回。複勝率29%。単勝回収率193%。複勝回収率118%。

 フレンチデピュティ系同様、米国型ノーザンダンサー系やダンチヒ系などの1200m適性が高いノーザンダンサー系にも相性の良いレース。

 今年の出走予定馬で父か母父フレンチデピュティ系はパクスアメリカーナのみ。姉に同コースG1勝ち馬のホエールキャプチャ。

 プリモシーンは父ディープインパクト。母父はディンヒル系のファスネットロック。当レース勝ち馬のミッキーアイルも父がディープインパクト。母父がディンヒル系のロックオブジブラルタル。母母父ヌレイエフ系もミッキーアイルと同じ母母父系。

 母モシーンは、オーストラリアのG1を4勝。2016年に亡くなったオーストラリアの親日家の馬主フィル・スライさんが、日本に持ち込んだ名牝。

 ダノンスマッシュの父はロードカナロア。父父キングマンボの産駒も当レースを2勝。父キングカメハメハも当レースを優勝。父ロードカナロアも1200mのG1レースをいくつも勝ち、同コースの安田記念を勝利。1200m適性の高いマイラー。母父ハードスパンもフレンチデピュティと同じ米国型ノーザンダンサー系で1200m適性も高い種牡馬。

【厳選・勝負予想!】亀谷敬正の重賞予想は『ウマい馬券』でチェック!
 ※パソコン・スマートフォンでご覧ください。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

血統馬券予想理論『血統ビーム』の提唱者で、『ブラッドバイアス』『大系統』『小系統』などの血統予想用語、概念の作者。血統ビームの革新性は20世紀末の競馬予想界に衝撃を与え、現在は競馬ファン、競馬評論家に多大な影響を与え続けている。また『競馬予想TV!』『競馬血統研究所』(ともにCS放送フジテレビONE)に出演するなど活躍中。ツイッターアドレスはツイッターアドレスはコチラ。
ウマい馬券にて『血統ビーム』の予想提供中

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング