スマートフォン版へ

こちらもゴールド連覇濃厚?

  • 2018年02月16日(金) 19時00分


◆ゴールドアリュール産駒が過去10年で4勝・6連対の好成績

 本日、単行本「プロが勝負する厳選ダートコースガイド」が発売されました。※プロが勝負する厳選ダートコースガイド(別サイトへ移動します)。

 さっそくフェブラリーSで、単行本と違うことを書いてしまうと、あらぬ誤解をされるので確認のため本を見返すと「危険な人気馬のパターンに該当する馬が出ているレースで勝負」と書いてありました…が、フェブラリーSの推定人気上位馬は危険なパターンに該当せず。

 フェブラリーSの推定1人気はゴールドドリーム。

 父ゴールドアリュール。フェブラリーSの過去10年でゴールドアリュール産駒が4勝。6連対。

 同産駒のコパノリッキーも母父が米国型。4歳5歳で当レースを連覇。ゴールドアリュールの連覇も繰り返される可能性も十分。

 ゴールドアリュール産駒以外で注目は、東京ダートの下級条件でも強いエーピーインディ系。過去10年では12頭が出走してのべ6頭が馬券に。複勝率50%。

 また、ゴールドアリュールと、エーピーインディ系はどちらも同じ馬が複数回フェブラリーSで馬券になっています。

 ゴールドアリュール産駒はコパノリッキー、エスポワールシチーが複数回当レースで馬券に。

 エーピーインディ系はベストウォーリア、テスタマッタが複数回馬券に。

 インカンテーションはエーピーインディ系。3年前の当レースで2着。当レースで複数回馬券になったベストウォーリア、テスタマッタも、当レース複数回目の挑戦で着順を上昇。

 さて、土曜日の東京芝重賞はダイヤモンドS。今開催の東京芝はグレイソヴリン系。特にトニービンの血を持つ馬が絶好調。重賞も勝ち馬3頭はすべて父にトニービンの血を持つ馬(これは結果論だけではなく、ホームページで公開している予想でもクイーンCの本命は勝ち馬のテトラドラクマ)。土曜のダイヤモンドSもグレイソヴリン系。特にトニービン持ち狙いで。

【厳選・勝負予想!】亀谷敬正の重賞予想は『ウマい馬券』でチェック!
※パソコン・スマートフォンでご覧ください。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

血統馬券予想理論『血統ビーム』の提唱者で、『ブラッドバイアス』『大系統』『小系統』などの血統予想用語、概念の作者。血統ビームの革新性は20世紀末の競馬予想界に衝撃を与え、現在は競馬ファン、競馬評論家に多大な影響を与え続けている。また『競馬予想TV!』『競馬血統研究所』(ともにCS放送フジテレビONE)に出演するなど活躍中。ツイッターアドレスはツイッターアドレスはコチラ。
ウマい馬券にて『血統ビーム』の予想提供中

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング