スマートフォン版へ

【祐一History vol.33】『エピファネイア 別次元の強さと陣営の覚悟』

  • 2015年06月16日(火) 18時01分
祐言実行

▲宝塚記念回避となったエピファネイア、その出会いからを振り返る


「これは大変なことになったな…」


 上半期を締めくくる宝塚記念で久しぶりに騎乗する予定だったエピファネイアだが、6月10日の追い切り後、左前脚に繋靭帯炎を発症していることがわかり、再度休養に入ることになった。

 チャンスは十分だと思っていただけに残念だが、こればかりは仕方がない。当面は治療に専念し、またあの力強い走りを見せてほしいと思う。

 エピファネイアといえば、アメリカから帰国してすぐに出会った馬であり、自分の騎手人生に転機をもたらした馬。あのときのダービーで味わった悔しさが、秋の菊花賞勝利、そして今の自分にもつながっていると思っている。

 初めて調教で跨ったのは、確かデビュー1カ月前の坂路。お母さんはあのシーザリオだけに、当然楽しみも大きかったが、期待に反してドタドタとした重い走りだった。今だから言えるが、「ひょっとしたらダート馬かな」というのが最初の印象。デビュー戦(10月21日・京都芝1800m)当日の返し馬の走りも相変わらず重く、1番人気に推されていたものの、正直あまり自信はなかった。

 が、いざレースで走らせたら、道中の立ち回りもうまく、直線も少し仕掛けた程度で“ビュン!”と突き抜け、3馬身差の圧勝。追ってからの体の使い方が別次元で、「ダート馬」という戦前のイメージは一瞬にして吹き飛んだ。今でも思うが、“モノが違う”とは、ああいう脚をいうのだろう。

祐言実行

▲京都の新馬戦を快勝したエピファネイア


 当時からパワーはあったが、どちらかといえば乗りやすい馬だった。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
祐言実行 / 福永祐一
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
祐言実行とは
2013年にJRA賞最多勝利騎手に輝き、日本競馬界を牽引する福永祐一。まだまだ戦の途中ではあるが、有言実行を体現してきた彼には語り継ぐべきことがある。ジョッキー目線のレース回顧『ユーイチの眼』や『今月の喜怒哀楽』『ユーザー質問』など、盛りだくさんの内容をお届け。

1976年12月9日、滋賀県生まれ。1996年に北橋修二厩舎からデビュー。初日に2連勝を飾り、JRA賞最多勝利新人騎手に輝く。1999年、プリモディーネの桜花賞でGI初勝利。2005年、シーザリオで日米オークス優勝。2013年、JRA賞最多勝利騎手、最多賞金獲得騎手、初代MVJを獲得。2014年のドバイDFをジャスタウェイで優勝。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング