スマートフォン版へ

吉原騎手、南関東三冠へ

  • 2014年06月06日(金) 18時00分


◆『他地区所属騎手が騎乗可能な重賞競走』のルール

 6月4日に行われた東京ダービーは、3番手を追走したハッピースプリントが、直線でも楽な手ごたえのまま後続を突き放して圧勝。羽田盃に続いて危なげのない勝ち方で南関東二冠制覇となった。

 全日本2歳優駿を制したあと、デビューした北海道から大井に移籍したハッピースプリントは、地方のダートでは無敗であることなど記録面でも注目度は高かったが、もっとも関心を集めたのは、大井移籍後の主戦が、金沢所属の吉原寛人騎手ということだろう。

 南関東以外の所属騎手による東京ダービー制覇は60回の歴史で初めてのこと。吉原騎手にとっては、地方競馬でも最高の舞台で念願の“ダービージョッキー”となった。表彰式でその感想を問われると、涙で声を詰まらせ、自然に涙が出てきたことに自分でも驚いた様子だった。

地方競馬に吠える

ウイニングランでファンの声援にこたえる吉原騎手。ゴーグルで隠された目には涙が?


 東京ダービーの数日前、大井競馬から『二冠馬のジャパンダートダービー競走出走における騎手の取扱いについて』というリリースがあった

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング